電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

電子喫茶 アメイロタマネギ

フレンチプレスのポイントを抑えて美味しいコーヒーを楽しもう

皆様は日々味わうコーヒーをどのようにして淹れていますか?

ペーパードリップで淹れる人が多いかと思います。

コーヒーの淹れ方には様々な種類がある訳ですが、
中でもフレンチプレスは豆の油分までしっかりと抽出してくれるので
コーヒー特有の味わいを挽き出すことができます。

以前、このサイトでもフレンチプレスの淹れ方について御紹介させて頂きました。

合わせて読みたい

www.yt-device.com



今回はフレンチプレスを淹れるにあたってのポイントをおさらいしていきたいと思います。


フレンチプレスをより美味しくするポイント

①正確な計量

コーヒー豆(粉)の量とお湯の量は正確に測るようにしましょう。

コーヒーを淹れるにあたってはこの抽出方法に限らず計量器やスケール(秤)は必須でしょう。

数グラムという世界の中で調整を行なうコーヒーは、たった数グラムでも味が変わってしまいます。

湯量も同様でしっかりと計量を行ない正しい量で淹れるようにしましょう。



②高温のお湯を使う

豆を挽き計量をし、セットをしている間に沸騰直後の高温のお湯でフレンチプレスの器具をしっかりと温めておくと良いでしょう。

コーヒーは冷めてしまうと味も変化してしまいます。

器具を事前に温めておくことで抽出中のお湯の温度が下がりにくくなるので、より美味しく仕上げたいのであればオススメします。

ちなみに筆者は、コーヒーを注ぐ直前までコーヒーカップとソーサーも高温のお湯で温めています。

③注ぎ切らない

フレンチプレスからカップにコーヒーを注ぐ際に最後まで注がないようにしましょう。

もったいないと思われるかもしれませんが、フレンチプレスのフィルターは金属メッシュなので全て注ぎ切ってしまうとコーヒーの中に微粉末が多く混ざってしまいます。

粉っぽさが苦手でない人は問題ではないところではありますが。

微粉末が混ざってしまうことで底に溜まってしまうので少なくなったときや最後の一口を含んだときの滑らかさや本来の後味を感じにくくなります。

④フィルターの洗浄

抽出の終わったフレンチプレスのお手入れはしっかりしましょう。

コーヒーの油分や粉で隙間やフィルターは汚れています。

そのまま放置しておくと嫌なニオイが残ってしまいますので

次抽出したときにコーヒーにもニオイが付着してしまい味や香りに影響を及ぼしてしまいます。

そのまま乾かすことは避け、しっかりと洗い流し、ニオイの少ない洗剤などで洗うことをオススメします。



さいごに

フレンチプレスの手順を抑えている人であればすぐに改善できるポイントだと思います。

フレンチプレスにもこの抽出方法しかない良さを持っておりますので正しい手順で味を楽しんで頂けたらと思います。

ちなみにこの記事を書く前に筆者は、焙煎より3日後のガスが抜けた新鮮なグァテマラでコーヒーを淹れました。
その際にフレンチプレスとペーパードリップで抽出して飲み比べました。

同じ焙煎度で同じ銘柄の豆でも抽出方法によって全然味が違うんです。

これがまた焙煎度・銘柄・抽出するポイント・温度や水など様々な条件によって
味が変わる訳ですからコーヒーの本当に面白いところですよね。

様々な条件を試して自分のオリジナルの味を生み出すことができます。

ポイントといってもあくまで一説としてご紹介しておりますので
ご参考にして頂ければ幸いですし、逆に皆様の拘っているポイントも教えて頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク