電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

電子喫茶 アメイロタマネギ

コーヒーノキ1本から何杯分のコーヒーが採れるのか

皆様が普段から親しまれているコーヒーは、「コーヒーノキ」という植物から成るサクランボに似た木の実「コーヒーチェリー」の種を加工して、コーヒー豆を作り出す。ということを以前の記事でお伝えしてきました。

合わせて読みたい

www.yt-device.com



では、「コーヒーノキ」1本から何杯分のコーヒーが1回で収穫できるのか。

今回はその秘密について触れたいと思います。


コーヒーノキ1本から何杯分のコーヒーが採れる?

栽培地や品種によって、差があるのでおよその量になりますが、コーヒーノキ1本から収穫される真っ赤な木の実「コーヒーチェリー」の量は、約3kg程と言われております。


そこから、果実を取り除き生豆を取り出し、コーヒー豆にする為に焙煎を行なうことで豆の水分が抜けますので、約400gになります。


ペーパードリップでは、1杯約10gのコーヒー豆(粉)を使用しますので、コーヒーノキ1本から採れる量は、約40杯分となります。

なんと店に売っている大きな袋一個分程度しか採れないのです!

そう考えると思ったよりも少なく感じますよね。


毎日、コーヒーを嗜まれる人も多いかと思います。
仮に1日1杯飲み続けると年間でコーヒーノキ約10本分に相当します。

ちなみにコーヒーノキが成木になるまでが約3年~5年程の年月を要するので収穫までとなると更に時間を要します。


それにコーヒーノキ自体、決められた環境の中、厳しい条件を経て実を成らせます。

コーヒーって何気なく飲んでいるものではありますが、貴重なものだということが分かりますよね。

とはいえ、全世界の何万人もの農家の生産者のおかげで概算150億本のコーヒーノキが栽培されています。
こうして、離れた我々の国でもコーヒーが親しまれているのです。
凄いことですし、本当に感謝ですよね。

筆者もこのことを知って、今まで以上にコーヒーを味わって飲むようになりました。

皆様にも日々の当たり前の存在になっているコーヒーを是非、大切に味わって飲んで頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク