電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

電子喫茶 アメイロタマネギ

アメリカンレトロなコメディドラマ「フルハウス」の魅力に迫る



アメリカで製作され、ABCテレビで1987年から1995年にかけて、
第8シーズンまで全192話のストーリーを放送してきた「フルハウス(Full House)」

アメリカだけでなく日本でもNHKでお茶の間を賑わせた懐かしのコメディドラマ。
再放送もあったので見たことがある人も多いことでしょう。

筆者はリサイクルショップで同作のシーズン1の1巻を見つけたので
思わず購入してしまい、今現在全巻を少しずつ揃えようと思っています。




あらすじ

舞台はアメリカのカリフォルニア州に属するサンフランシスコ。
タナー夫婦は、10歳のD.J.と5歳のステファニー、生後9ヶ月のミシェルの三姉妹と暮らしていました。
しかし、ある日、妻のパメラが交通事故で亡くなってしまいました。
夫のダニーは、義弟のジェシーと親友のジョーイと共に暮らし、子どもたちを育てていきます。

わがまま三姉妹の子育てに手を焼きながらもジェシーとジョーイも父親らしく成長していきます。


登場人物

ジェシー・カツォポリス

(CAST:ジョン・ステイモス)
本作の主人公の一人でダニーの義弟(パメラの実弟)。 ミュージシャンとして夢を追いかけており、第5シーズンで念願のCDデビューを果たす。
ワイルドな見た目で大雑把な性格だが根は優しく繊細な一面を持っている。

ダニエル・アネスト・タナー

(CAST:ボブ・サゲット)
本作の主人公の一人でタナー三姉妹の父親(パメラの夫)。
愛称は「ダニー(Danny)」
テレビ局でキャスターとして務めている。
真面目な性格で融通が利かないが、子離れができず過保護な面がある。

ジョセフ・アルヴィン・グラッドストーン

(CAST:デイブ・クーリエ)
本作の主人公の一人。ダニーの小学校時代からの親友。
愛称は「ジョーイ(Joey)」
コメディアンとして様々なテレビ番組やツアーで活躍している。
気さくでジョークばかりのユーモラスな性格だが、いざというときは真面目である。

ドナー・ジョー・マーガレット・タナー

(CAST:キャンディス・キャメロン)
タナー三姉妹の長女。愛称は「D.J.」
運動・勉学が共に優秀で妹想い。
機転が利き、悪知恵が働くが故、トラブルを起こすこともしばしば。

ステファニー・ジュディス・タナー

(CAST:ジョディ・スウィーティン)
タナー三姉妹の次女。愛称は「ステフ(Steph)」
明るい性格でおてんば娘。
生意気な性格で姉妹喧嘩になることも多いが
反省すべき点では素直に反省をする場面が多い。

ミシェル・エリザベス・タナー

(CAST:アシュレー・オルセン及びメアリー=ケイト・オルセン)
タナー三姉妹の三女。
わがままで姉の影響で悪知恵も働く。
キャストは双子の二人で交代で演じていた。

キンバリー・ルイーズ・ギブラー

(CAST:アンドリア・バーバー)
タナー家の隣人でD.J.の親友。
付近の靴屋に顔写真つきの手配書が回る程、足が臭い。
タナー一家からは「やかましい奴」として認識されている。

レベッカ・ドナルドソン・カツォポリス

(CAST:ロリ・ロックリン)
ダニーの同僚で第4シーズンでジェシーと結婚した。
愛称は「ベッキー(Becky)」
家事が苦手。夫婦喧嘩では勝利する場面が多いが
夫に一歩譲ることも忘れない良き妻である。


続編「フラーハウス」



フルハウスのスピンオフ作品として
20年以上の時を経てキャストを終結させ2016年より配信全5シーズン(全66話)

ミシェル役を演じていた双子のアシュレー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンは、俳優業を引退していることから出演が見送られています。
その為、劇中ではニューヨークでファッションデザイナーの仕事をしているという設定になっています。

タイトルがフラーハウスである由来は、かつてはタナー一家の自宅でありましたが、現在ではフラー一家(D.J.がトミー・フラーと結婚し苗字が変わっている為)の自宅であることからです。
ちなみにD.J.の夫であるトミー・フラーは消防士でD.j.が妊娠中に火災事故で殉職した為、写真のみで登場しています。




さいごに

今回はアメリカンレトロなコメディドラマ「フルハウス」について御紹介しました。
特に第1シーズンは1987年の味のある映像で懐かしかったです。

TOEICの点数アップ目的で視聴する人もいるようです。
変わらないオープニングも耳に焼き付きますよね。

なんといってもフルハウスの魅力は、国境の壁を越え、笑う門には福来るを実現させてくれる素晴らしいお茶の間コメディでありながら、よいしょよいしょで家族の絆、友情、愛というものの大切さを教えてくれるストーリー性です。

オススメ作品なので皆様も是非、観てみてくださいね。

スポンサーリンク