電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

カルディのタイ産「ドイトンコーヒー」を飲んでみた!

前回の記事でご存知の方も多いであろうカルディ(KALDI) について触れて参りました。

www.yt-device.com

前回の記事の追記にも書きましたが、筆者は更新直後に早速カルディへ足を運びました。

勿論、コーヒー豆を買いに。

そこでまだ飲んだこともなかったドイトンコーヒー が気に なったので購入してみたので今回はドイトンコーヒーについて触れていきたいと思います。

ドイトンコーヒーとは

ドイトンコーヒーとは、タイ北部のメーファールワン郡ドーイトゥーン産のコーヒーです。

ドイトンは、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムが含まれる黄金の三角地帯内に位置します。

荒廃したこのドイトンを再生すべく、1988年にラーマ8世ラーマ9世母シーナカリン王太后(メーファールワン)が設立したメーファールワン財団が「ドイトン計画」というプロジェクトを立ち上げ、その一環で「ドイトンコーヒーショップ」という喫茶店を設立し、タイ国内では25店舗を構えています。

そして、日本でも豊かな香りとほのかな苦味を有するこのドイトンコーヒーをカルディが取り扱っています。



パッケージの裏にもこのようにタイの山丘民族をモチーフにしたプロジェクトのキャラクターが紹介されています。

中にはダークなフレンチローストに焙煎され、黒光りしたコーヒー豆が入っています。
皆様が目にするコーヒー豆よりも黒いのではないでしょうか?



焙煎度についてはコチラ↓

www.yt-device.com

果たしてそのお味は?

さて、早速中挽きに挽いて、ペーパードリップで抽出して味わってみました。

深煎りしているので、ミルで非常に砕けやすく、

あれ?もう砕けたの!?という程でした。



ナッツ系のスモーキーな香りが滑らかに感じられます。

コーヒーらしい苦味をしっかりと堪能できます。

更には、スパイシーなアフターテイストがこの苦味と上手くマッチしていて、深いコクが印象的でした。




ペーパードリップで淹れると苦味が フレンチプレスで淹れるとスパイシーさ抽出方法によって強調される特徴が変化するので 気分によって飲み分けるのも面白いですね。

www.yt-device.com

www.yt-device.com




さいごに

さて、今回は前回の記事に付随して、カルディのドイトンコーヒーについて触れてきました。

コーヒーベルト範囲内の各地では独特のコーヒーの栽培が行われてるわけですが、タイでもコーヒーが愛され、我が国へも流通されています。



コーヒーは、国境、時代をも越えて今後とも受け継がれていくでしょう。

今後も豆のレビューを随時行なっていきたいと思います。

お気に召して頂けたら是非ブックマーク、シェア お願い致します!

スポンサーリンク