電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

デカフェって?カフェインレスでも味わえる至福のコーヒー



皆さんは、デカフェって何かご存知ですか?

喫茶店やカフェ、ショップやネットの広告などでチラホラ見かけたり、聞いたりということはあるかもしれませんが、よく意味は分からないという方も多いかもしれないですね。

今回の記事では、特に美容を意識されている方や夜でもコーヒーを楽しみたいという方の為にデカフェとは何なのかということに着目していきたいと思います。


カフェインカット

過去の記事で何度かカフェインレス、ノンカフェイン、カフェインフリーというワードで触れてきました。

デカフェ、カフェインレスは、カフェインの含有量が少ない飲料のことを指します。
日本では、現在明確な基準は設けられていませんが、EUでは基準が定められています。

カフェインは、皆さんもご存知の通り、コーヒーに限らずエナジードリンクやコーラ、紅茶などにも含まれていますので、これらも同様に呼ばれます。


デカフェ

「デカフェ」「カフェ」は、コーヒーのことではなく、カフェインのことになります。

デカフェは、カフェインを含んでいるものから、カフェインを取り除いたものになりますが、完全に0ではなく、ごくわずかに含まれています。

通常のコーヒーが1〜2%含まれていることに対し、デカフェでは、約0.2%以下なので通常より1/5~1/10カットされていることになります。



カフェインレス

カフェインレスは、元々少しカフェインが含まれている飲料のことを指します。



ノンカフェイン、カフェインフリー

ノンカフェイン、カフェインフリーは、カフェインが含まれていないものになりますので、カフェインを懸念されている方は此方を選ぶといいでしょう。


カフェインの除去

さて、カフェインをどうやって除去するのか。コーヒーの場合、コーヒー豆の状態からカフェインの除去を行います。
主に3つの抽出方法がありますが、カフェインを除去してもなるべく風味や香りを損なわないように多くのコーヒーメーカーでは近年、超臨界二酸化炭素抽出という方法を主流として行なっています。

超臨界二酸化炭素抽出

二酸化炭素でカフェインを抽出する方法です。
二酸化炭素を用いることでカフェインを効率よく除去でき、他の成分を壊さない上、自然界の二酸化炭素を用いるので安全面も優れています。

有機溶媒抽出

焙煎前の生豆の状態で有機溶媒に浸して、カフェインを溶かし出す方法です。
カフェイン除去において、世界で初めて用いられた方法です。



水抽出

焙煎前の生豆の状態で水に浸して、カフェインを抽出する方法です。
水は、カフェイン成分以外が含まれている水を用いるので、コーヒーの成分や香りを流れ出るのを防ぎつつ、カフェインのみを抽出します。

デカフェのメリット

美容・健康効果

過去の記事でコーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれていることを触れました。

www.yt-device.com www.yt-device.com

ポリフェノールは、美容・健康効果に優れているということは、お分り頂けたかと思います。一方、カフェインにも素晴らしい効果がある反面、飲むタイミングや量を守らないといけないということも再三お伝えしてきました。

デカフェでは、カフェインが抑えられていますがポリフェノールの成分は残っているのでアンチエイジングや美容効果にも糖尿病、動脈硬化などの予防にも期待できます。

夜飲んでも安心

個人差はあるもののカフェイン摂取による中枢神経の興奮作用により、質の良い睡眠が得られない!ということで控えていたコーヒーもカフェインが抑えられたデカフェなら影響が少ないので、夜安心して飲むことができますね。



妊娠中・授乳中のお母様も安心

カフェイン摂取が胎児に影響を及ぼす可能性があることから、妊娠中・授乳中はコーヒーは極力控えるようにと言われていますが、カフェインの少ないデカフェであれば、安心して飲むことができますね。
不安定になりやすい母体もコーヒーのリラックス効果で気持ちを落ち着けることができるでしょう。

胃腸にも優しい

カフェインは、胃液の分泌を促進します。よって、空腹時や胃が弱っているときは胃を荒らしてしまう原因になります。
そんな時でもデカフェであれば安心して飲むことができますね。



さいごに

今回は、デカフェについて触れてきました。体質でカフェインに弱い為にコーヒーを飲めない人でも安心して飲めるので、そう言った人にも嬉しい製品ですね。

筆者は、こういった記事にするものを調べ始めてから、カフェイン摂取のタイミングを最近になって考えるようになりました。

例えば、体質的に昼食を少し多めに摂り過ぎることで満腹感により、すぐに眠たくなって、昼からが辛かったりするので、食後にカフェインの入ったコーヒーで昼間を楽に乗り切ったり...
夜は、どうしてもコーヒーが飲みたいけど、カフェイン摂取で眠れなくなるので、デカフェやカフェインフリーのコーヒーを飲んだり...

というように状況において飲み分けを行なっています。 好きなものだと、ついつい多く摂取してしまうのが人間の性...

いや、わかりますよ。本当に。でも本当に好きなら上手に付き合うべきだと思いますね。
好きなものの影響で何かをダメにしてしまっては良くないですよね。

デカフェのようにコーヒーの技術も進歩している現代です。これを機会にコーヒーの需要、供給が増えてくれると嬉しいなと心より願っています!

お気に召して頂けたら、シェア、ブックマークお願い致します。

スポンサーリンク