コーヒー放浪記

コーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

【厳選】どこでも手軽にコーヒーを楽しみたい!タンブラー10選!



先日、新元号"令和"が発表されましたね。
皆様の予想は、当たっていましたでしょうか?

様々な予想ランキングなどを拝見しましたが、中には新元号は「タピオカ」という斬新なものをあり、少し笑ってしまいました。

さて、脱線致しましたが以前アウトドアでコーヒーを淹れて楽しめるアイテムについてご紹介致しましたね。

www.yt-device.com

今回は、視点を少し変えて、家で作ったコーヒーを外で楽しめるグッズ"タンブラー"についてご紹介していきたいと思います。

最近では、機能性、デザイン性に優れたタンブラーが開発されておりますので、以前に比べてタンブラーの使用者も増えています。

ドライブやピクニックは勿論、街中やオフィス、講義、学校(←大丈夫なのか?)に自分のお気に入りのコーヒーを手軽に持ち運んで欲しいものです。

そもそもタンブラーとは

タンブラーの定義

タンブラーにおいては、国外と日本では定義が異なっています

タンブラーとは、本来は「シリンダー型のグラス」のことで、つまり家庭用で使用されているコップ。これがタンブラーという定義になります。

日本では、家庭用のコップとは区別化されていて、 タンブラーとなると、プラスチック製の蓋が付いたコップを指す場合が殆どです。

素材は、容器も蓋もプラスチックや樹脂製のものと、容器がステンレス製のものが多く見受けられます。

プラスチックや樹脂製では、二重構造になっているものが多いですが、保温性は大してありません。
対して、ステンレス製は、保温性に優れています。

アイスコーヒーも勿論楽しめますし、ホットでも温度が大事ですので、少しでも長い時間コーヒーが楽しめるように日々改良が様々なメーカーで行われています。

温度が大事だというのも過去の記事でご紹介しましたよね。

www.yt-device.com


水筒とタンブラーの違い

類似しているように思われる水筒とタンブラーの決定的な違いは、気密性です。

溢れるか溢れないかということですね。

水筒は、中身が溢れないよう設計及び、厳しく検査をされています。

タンブラーは、蓋が付いているので、中身が出にくい設計にはなっておりますが、完全ではないので蓋の隙間から溢れ出ることもありますし、鞄の中に入れるのは少し怖いところですね。

それでもタンブラーは、コーヒーは勿論、好みのドリンクを手軽に持ち運べますし、デザインも豊富で機能性も向上しているので是非マイタンブラーを1つは持っておきたいですね。


オススメタンブラー10選

スターバックス ToGoロゴ ステンレスタンブラー 350㎖
王道スタバの定番のタンブラーです。シンプルなデザインがオシャレですね。



ASVEL 真空耐熱タンブラー 370㎖
ホームセンターやスーパーでも見かけることが多いです。マットな手触りが好きですね。



Qahwa 二重構造真空タンブラー 310㎖
カラーバリエーションが豊富で宝石のようなツヤが高級感を引き立てています。



Kaffeeform WEDUCER CUP リサイクルウッド 300㎖
リサイクル木材から出来たエコなタンブラーです。木材の暖かみを感じられます。



nakota × moca ナコタ モカ コラボタンブラー 390㎖
可愛らしいシンプルなデザインで女性に人気なタンブラーです。有名ブランドのコラボですね。



ecoffee cup タンブラー 355㎖/400㎖
多彩な個性的なデザインがライフスタイルを彩ります。シリコンカバーのおかげで熱いものを入れても手持ちは安心です。



RIVERS ウォールマグ バール アンプラグド 400㎖
口当たりの良さや手に馴染むサイズ感に拘ったタンブラーです。ガラス製でシンプルなのに高級感があります。



ハイドロフラスク タンブラー 16oz 473㎖
ハワイを始め、全米で爆発的な人気のタンブラーです。味・臭い移りを防ぐ素材を使用している為、香りが強いコーヒーも楽しめます。



ハリオ V60ウチマグ タンブラー 350㎖
有名コーヒーメーカーのハリオの機能性に優れたタンブラーです。軽く持ち運びもしやすいです。



CORKCICLE SPICE OF LIFE ウォルナット 470㎖
木の暖かみを感じるオシャレなタンブラーです。底面はシリコン素材の滑り止めつきで安心です。





さいごに

今回は1人でも多くの方が手軽に外出先でもコーヒーを楽しんで頂きたいと思い、タンブラーについてご紹介させて頂きました。

世界の多くの方から愛されるコーヒーのその貴重な時間をサポートするアイテムは、タンブラーに限らず数多く開発されています。

使い捨てのカップを使用するより繰り返し使えるタンブラーは、エコにも重宝します。
スタバのようにタンブラーを持っていくことで20円割引などと環境配慮に取り組んでいるお店もあります。

今後もオススメのアイテムがありましたら、このブログを通して是非ご紹介させて頂きたいと思いますし、読者様のオススメも是非伺えたらと思います。

お気に召して頂きましたら、シェア、ブックマークお願い致します!

スポンサーリンク