電子喫茶 アメイロタマネギ

レトロやコーヒー好きの読者様へ筆者が学んできた珈琲の素晴らしさや情報を随時プレゼンしていくブログです。

コーヒーの誕生秘話。日本への流通まで。




皆さんが何気なく飲んでいるコーヒー。コーヒーに限らず、全ての物に起源があって歴史があります。今回は、時間を少し遡って コーヒーの誕生 について触れていきましょう。

といっても実はコーヒーの誕生については人間と同様で明確な答えがなく、有力な説によって現代へ伝えられています。 その説の中でもよく知られているのは2種類。エチオピア起源説アラビア起源説というものがあります。


エチオピア起源説



この説は、レバノンの言語学者ファウスト・ナイロニが1671年に書いた「眠りを知らない修道院」という本の内容が発祥の元になっています。

西暦6世紀頃のエチオピア高原が物語の舞台になっていて、ヤギ飼いのカルディは或る日、放し飼いにしていたヤギ達が酷く興奮しているのを発見しました。 どうやら、丘の中腹に生えていた木から成っていた赤い実を食べたようです。 修道僧にこのことを話し、食べてみようということになり、食べると身体に不思議と活力がみなぎったのです。 僧は、早速他の僧達にこのことを勧め、それから徹夜の宗教行事には睡魔に苦しむ僧はいなくなったという話しです。

え?何で赤い実を食べた話が起源の説になるかって思われた方もいるかもしれませんね。後々別の機会に詳しく触れていきたいと思いますが、コーヒーは、コーヒーチェリーという赤い実から作られているんですよ。 とは言っても、実はもぎ取って肥料になるので実際に使うのは、種の部分。これがコーヒー豆になるんですけどね。

余談ですが、コーヒーショップで有名なKALDI COFFEE FARMというショップがありますが、由来はこのヤギ飼いのカルディからきているそうですよ。



アラビア起源説



この説は、イスラム教徒のアブダル・カディが1587年に書いた「コーヒー由来書」という本の内容も発祥の元になっています。

13世紀頃、イエメンの守護聖人シーク・スシャデリの弟子シェーク・オマールは、或る日、王様の娘に恋してしまい、これが王に発覚。 オマールは、オウサブという地へ追放されてしまいました。オマールは、その山中で綺麗な羽根を持つ小鳥が小枝に止まり、さえずっているのを見つけました。 それに聴き惚れ、思わず手を伸ばすとその木枝には花と果実がありました。空腹だったオマールは、その果実を持ち帰りスープを作りました。 作られたスープからは、とてもいい香りがして飲むと元気が湧いてきたそうなのです。 そのスープが実は、コーヒーだったのです。

その後、オマールは、追い出された町が病気が流行し、危機を迎えている事を知り、その果実で作った煮汁に祈りを込めて、町人達に振舞いました。 すると町人達は、次々と病から回復し、無実の罪で追放されたオマールは、イエメンの守護聖人として町に戻ったという話です。


以上2つの代表的な起源説を御説明致しました。勿論、他にもコーヒー誕生に関する説は沢山有ります。 実際の所は、不明なのでどの説を信じるかは読者様次第です。笑

ただ、実際に焙煎して飲まれるというように皆さんが知っている形として確立したのは、 13世紀中頃 からと言われています。


コーヒーの浸透



13世紀中頃には、眠気覚ましとしての効果からイスラム教徒が儀式前に飲む様になり、 14世紀中頃には、世界最古のコーヒー店として、カーネスがコンスタンティノーブル(東ローマの帝国の首都)で開かれます。

そして、 1583年にドイツの医師、レオンハルトがコーヒーについて印刷物で紹介をして、ヨーロッパにも広まります。 それから、 1650年には、イギリス初のコーヒー店が開店しました。

さらにヨーロッパから世界へ、世界から日本へ辿り着き、 1888年(明治21年)に日本初のコーヒー店 ’’可否茶館’’が開店し、一躍注目を浴びましたが、この時にはまだ限られた上流層の方しか飲むことかできず、3年で閉店したそうです。

明治時代後期からいくつかの喫茶店が開店し、一部の人たちから徐々に広まり、昭和にかけて庶民にも広まっていきました。それから流通していき、焙煎コーヒーは勿論のこと、手軽に飲めるインスタントや缶コーヒーが製造されるようになり、現代へ至るという訳です。


さいごに

簡潔になりましたが、これが我々の日常にあるコーヒーの歴史になります。コーヒーっていつから生まれたの?いつから日本に流通したの?なんて疑問を持たれた方は意外に少ないのでは無いでしょうか?

既に疑問を持たれていた方は、中々のコーヒー好きかと思いますし、この記事を読んでコーヒーにまた一歩興味を惹かれたのであれば筆者としても幸いです。

良かったら下記メニューからシェアお願いします!

スポンサーリンク